疲れ目に手縫いでかんたん!あずきホットアイマスク作り方

gauze fabric

スポンサーリンク

スマホやPCを見ている時間がついつい長くなって「目が疲れているなぁ」って感じていませんか?

私もそんな風に感じることが、多くなりました。

今回は手縫いでカンタンに作れる『手作りあずきホットアイマスク』の作り方をご紹介します。

何年か前に肩こりのため、夫からもらった『あずきのチカラ』の首肩用を使っていました。

レンジでチンして、温めて繰り返し使えるものですが

あれって目の疲れにも使えそう!

調べてみると..『あずきのチカラのアイマスク』がありました。

温かいアイマスクで癒されたい!

そう思い立ち『あずきのホットアイマスク』を手縫いでカンタンに手作りしてみました ^^

2020.12.5作り方を追記しました。

こんな風に使っています^^

あずきカイロワークショップ

あずきホットアイマスクの作り方

gauze fabric

*材料・サイズ*

*仕上がりサイズ  10cm×15cm

  • あずき       約130g〜150g
  • 布 22m×17cm 縫いしろ1cm ( 今回はダブルガーゼ )
  • 針と糸

生地を二重にする場合は同じサイズで2枚用意します。

* 作り方 *

  1. 表を内側にして生地を合わせます
  2. あずきを入れる口を3、4cm残して、ぐるりと返し縫いで合わせます
  3. 開けておいた入り口から生地を裏返します、この時に角を抑えて返すとキレイに四角くなります。表に返したら角を整えます
  4. 入り口からあずきを入れていきます
  5. 入り口の縫い代を内側に折り込み、口を閉じます

顔に使うものなので、優しい生地がいいかな?と思い、今回はダブルガーゼを洗濯してから使いました。

熱くなりすぎるといけないので、生地は二重にしています。

肩やお腹にも使いたいので広範囲を温められるよう、大きめの作りになっています。

あずきの量は、以前使っていたあずきのチカラを参考に、大まかで入れていきましたが、ちょうど良かったです ^^

あずきは虫食いする?

azukibeans

気になるのが虫の問題。

せっかく作っても、虫食いの心配があったら怖くて、安心して使えないですよね。

こちらも調べたところ虫食いなども、電子レンジで加熱することで予防できるので、完成後すぐに加熱しました。

保存状態にも注意して使っていきます。

使用時は加熱しすぎに注意

火傷しては危ないので加熱時間も少しずつ行います。

急に顔に乗せないで!

試しに電子レンジで500wで30秒加熱し、少しぬるい気がしたので、さらに10秒追加しました。

その結果、手では熱くなくても、顔に乗せてみると熱く感じたので、少し加熱し過ぎたと感じました。

使用する布の厚さ・あずきの量・電子レンジの加熱環境によっても、差がでるので火傷に注意して、少しづつ行ってくださいね。

温めたので使ってみました!

azuki-eyemask

せっかく温めたので実際に使ってみました!

ほんのり蒸気が出ていてあずきの香りが、優しく癒してくれます ^^

使用後は目がスッキリして、以前に使っていたあずきのチカラを思い出しました。

夫にも使ってもらいましたが、『パイル生地の方が、顔から滑りにくくていいんじゃない?』とナイスなアドバイスをもらいました。

洗濯もできて清潔に保てるので、パイル地でカバーを作ってみようと思います。

でもやっぱり自分で作るのはちょっと..

という方は、市販品を買っちゃうのもありですよね。

そんな時は、繰り返し使える『あずきのチカラ』がお勧めです。

まとめ

疲れ目に手縫いでかんたん!あずきホットアイマスク作り方でした。

使い捨てタイプもありますが、蒸気が強くて顔が濡れるのが苦手でした。

疲れた目に『あずきのホットアイマスク』はあずきを温めた蒸気で優しく温めてくれるので、とても気に入りました。

カンタンに作れるので、お好みのサイズでぜひ作って見てください ^^

* 参考商品 *

【小林製薬】桐灰 あずきのチカラ 目もと用(1コ)+首肩用(1コ)【温熱パットセット】【送料無料】

* 疲れ目の関連記事 *

スポンサーリンク