辞められなかった会社から退職を引き寄せた方法!シェアします①

coffee-nete

スポンサーリンク

退職したパートの仕事は、ブラックパートかな?と思うような会社。

とはいえ、7年以上勤めた会社でした。

 

なかなか辞められなかった会社でしたが、感謝ノートで円満退職を引き寄せました!その方法をシェアします。

 

感謝ノートで円満退職を引き寄せた話

girl-lelax

この記事では

『どんな会社だったのか〜退職を決意させてくれた方との出会い』までを書いています。

 

ちょっと長くなったので、2記事になってしまいました。

早く知りたい方は続きの②へどうぞ

辞められなかった会社から退職を引き寄せた方法!をシェア②

どんな会社だったのか?

勤務環境はこうでした..

お客さまにとって、とても大切な商品を扱っていました。

 

  • 当日急に、深夜まで残業させる。(繁忙期)
  • 稀に早出もある。
  • 上司(社長の息子)が全権を握っている。
  • ↑上司の判断で、致命的な遅れが起きる。(残業の原因)
  • お詫びの対応は、従業員に丸投げ。
  • お客様へ対応用の電話やPC、は各1台づつしかない。
  • 閑散期は1人のみの勤務で、交代のアルバイトさんが休むと、代わりがおらず、最終までの残業になる。

 

良いところ

  • 時給なので、残業した分のお給料はちゃんと、もらえます。
  • 従業員は良い人が多い。(そうでない方もいますが)

 

私はこんな契約でした。

  • パートタイマー
  • 契約時間 9:45~18:00まで
  • 1年の内、半年間ほど繁忙期(残業はお客さま都合で、稀にあり)

 

「交代制なので残業はほぼなし、お客様の都合で稀に残業になることはあります。」と言われていました。

 

ところが、入社した翌年から残業が増え、終了時間がどんどん遅くなり、繁忙期の内2ヶ月間ほどは、ほぼ毎日22時を過ぎるようになりました。

 

遅い時には23時頃まで、最長だったのは24時までかかったこともあります。

普通のパートなのに、急に「今日残業になる」と夫に伝えるには、終わる時間が遅すぎます。

 

残業の理由

私たちは主に、受注、入荷管理、納品までの顧客対応の部署です。

 

  • お客さまへの納期前日に、本社から「納品が遅れる」と言われる。
  • 50件 以上のお相手に、電話で納期の遅れを連絡するため、昼間の時間が奪われる。
  • 電話が1台しかない。
  • 退社時間の間際に、本社から納期ギリギリの納品をしてくる。
  • 繁忙期にネットショップのセール入れるため、発送などの追加業務になる。
  • 支店内で、残業に最後まで協力できる人が少ない。

(お子さんが小さい方とか、学生バイトさんとかは遅くまでできないので)

 

『納期の遅れを前日にお伝えする』なんてこと当然ながら先方からは、めちゃくちゃ怒られます。

 

本社への納期の問い合わせなどは、マニュアル通りに行い、なおかつマニュアルは本社に都合よくできてるのに、それでいて遅れるなんて..

その上すごく威圧的なのです。

 

退職したいと思うそのほかの理由

  • 『この状況を知っていて、辞められるわけないよね』『きみだけは、絶対に辞めさせない』など、言葉のプレッシャーがすごかった。
  • 上司の乱暴で、人を見下した態度
  • 他の人へのパワハラを見ていて辛い(皆さん辞めていきました)

 

繁忙期が終わると、出勤はカットになります。(時短勤務は、コロナが流行る前からです)

閑散期があることは、納得して入社しているので時間短縮や、出勤カットに文句はないのですが、勤務終了時間前にも上司は早く帰れと言わんばかりに、「何してたの?」「何時に帰るの」などと言って来ます。

 

通常業務をしているので電話対応や来客もあるため。

「支店を空にして帰っていいのですか?」と聞きたくなるくらいでした ^^;

 

それなのに「きみに辞められたら、困るよ」と言ってくるので。

こちらの気がおかしくなりそうでした。

また、これは私以外の人に向けてでしたが、毎日のようにずっと理不尽なことで怒っている上司を見ていて、限界に。

 

辞められなかった理由

そんな会社なので、過去に辞めて行った方々は、大揉めに揉めて大変そうでした。

「退職願」を出したその日から最終日まで

  • 上司から無視される
  • 経費申請をしにくい空気にさせる
  • お給料の支給額を間違える(側で見ていると、わざとかと疑うレベル)

 

辞めた方々が言いにくいことを、してきます..。

こんなにひどい会社を辞めたくても、トップから引き止められると(本心は辞められたら困るだけ)怖くて辞められずにいました。

 

運命とも言える女性との出会い

hikari

明るくて、年齢も自分と近いその方は、繁忙期のみの短期のパートで採用された方でした。

 

その方に背中を押され、昨年ですが『今年こそ絶対に辞める!』と心を決めました。

 

そこで以前から書いていた「感謝ノート」を使って、退職を引き寄せる決意をしました ^^

 

おわりに

長くなってしまったので、実際に感謝ノートに何を綴ったのか。どう活用したのかは、次の記事に続きます。

 

「会社を辞める」というネガティブな願望を、どんな風にアプローチしていったか、まさに引き寄せ?と思えることが起き、どんな偶然が後押ししてくれたのか?について書いていきます ^^

 

今は、辞められて幸せ!本当によかったです ^^

 

* 関連記事 *

辞められなかった会社から退職を引き寄せた!方法をシェアします②

 

スポンサーリンク

ABOUT US
mana
小さいお家で暮らしているmanaです。 幸せな50代目指して、自分自身で実験している悩み多き40代です。 セルフメンテナンスの実験中に出会った、『セルフお灸・薬膳・引き寄せ』に夢中。心とカラダの健康のために、ゆくっり暮らすことを心がけています。/日本漢方薬膳協会 風水薬膳®︎茶アドバイザー/薬膳コーディネーター