願いが叶う|続・感謝ノートを書いていて効果を感じたこと

note

スポンサーリンク




先日、感謝ノートを書き終え、いっぱいになりました。

感謝ノートを書いていて、どんな風に現実が変わったのか、振り返って見てみました。

 

わかりやすく、願いが叶ったところにマーカーを引いていきました。(ノートの右のページに書いていること)

同じことを叶うまで毎日書いている部分もあり、ほぼ塗り潰されていくので、マーカーは途中でやめました ^^;

それほど、多くのことが叶っていました ^^

 

感謝ノートとは

note&coffee

感謝ノートの書き方はこちらで書いています。

 

何気ない、生活の中で日々のありがたいと思えることを、書いていくといいですよ。

という感謝ノート。

 

私は感謝ノートに出会う前に『ありがたいと思えること(些細なことでOK)を100個書いてみる。』

という方法を先に知ったので、その年の手帳のメモ欄に100個、3日かけて書いていきました。

100個書き終えた後に、専用のノートを作りました ^^

 

今回、叶っていたことは..

願いもありますが、こんな感じでした。

  • 行動力がついた
  • 夫のお給料が上がった
  • 倒れた母が重い後遺症なく日常生活を送れるようになった
  • 苦手な病院の先生が大丈夫になった
  • 私の症状が大きなものにならず済んだ

 

他にも、あるのですが、長期的な願望などもあるので書ききれないほどです。

ここまでより以前に叶ったことは、過去記事にも書いてありますので、よかったら読んでみてください。

 

 

感謝ノートは何がいいのか

なぜ「感謝ノートはいいよ」と言われているのでしょうか?

 

感謝ノートって聞くと、「感謝しなさい」って言われているように感じる。

って思うかも知れません、私も初めはそういう感覚で始めたと思います。

けれど、続けてみて思うのは、もうちょっと違う効果があるな。

ってことでした。

 

些細なことでいいのですが(○○が美味しかった。とか聞いたところによると、信号が青でついてた!とか)「ありがたい」「感謝」「嬉しい」っていうことを書いていくと、自分がどんなものが好きなのか。とか、こういうことで自分は嬉しいんだ!と分かってくるので。

 

日常にいろいろな、楽しいこととか、いいことが集まってくる。元からあったものに気づくからなのかも知れませんが ^^

 

すぐに効果が出るようなものではなくても、気づけば、何かが変わっていた。という感じでした。

不思議なんだけれど..本当なので。

気になったら、ひとまずやってみてほしいです。

 

向いてなかったらやめてもいいし!

 

おわりに

感謝ノートの効果を感じる、本当に多くの方に助けて頂いた、数ヶ月でした。

 

このノートは終わったので、また新しい感謝ノートを作りました ^^

私自身、少しづつ行動力もついてちょっとずつ進んでいます、本当にカメの歩みなのですが、それをひとつずつ積み重ねて、いきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク




ABOUT US

mana
小さいお家で暮らしているmanaです。 日々幸せになるため、自分自身で実験している悩み多き40代です。 心とカラダの健康のために、ゆくっり暮らすことを心がけています。 セルフメンテナンスのすすめ 薬膳コーディネーター