春のお彼岸 おはぎ(ぼたもち)

ohagi

スポンサーリンク




春のお彼岸の季節なので、ぼたもちを買って来ました。

 

お昼前のおやつに母といただきました ^^

半殺しになっていなくて、おにぎりのようにお米の粒がしっかり残ったタイプは初めて!

甘さ控えめでとっても美味しかったです。

 

 

 

2021 春のお彼岸

sakura

今年2021年は3月17日に彼岸の入りを迎え3月23日の彼岸明けまで。

 

『彼岸』は二十四節気ではなく、雑節にあたります。

 

春分の日を真ん中に、前後7日間を『春のお彼岸』と言いこの期間に仏様の供養をしたり、ご先祖様のお墓参りに行きます。

 

 

お彼岸には

  • 仏壇や仏具のお掃除
  • お墓のお掃除
  • 供物やおはぎなどのお菓子、精進料理などをお供えする

 

ぼたもち(おはぎ)は季節によって呼び名が変わる

 

春は『牡丹餅』

夏は『夜船』

秋は『お萩』

冬は『北窓』

 

ぼたもち(おはぎ)は季節によって呼び名が変わると、初めて知りました ^^

なんだか素敵です。

 

牡丹は大きいので「ぼたもち」は大きめに、「おはぎ」は小さめの俵型に作るそう。

 

現在は、こうした違いにこだわらずに作ることも多いそうなので、知らなかったです。

和菓子屋さんへ行けば、そうなっているのかも知れませんね ^^

 

ご先祖様に見守られているから大丈夫

母は昔からいつも、こんな風に言っていました。

「あなたたちはご先祖様に見守られているから、大丈夫。」


怖いことが起こっても、とりあえずいつも

その言葉を信じてそして導かれて、ここまで暮らして来ました。

 

母が倒れた時にも、私は同じように言い聞かせていました。

 

母は見守られているから大丈夫。

 

その言葉通り、母は見守られていました!

 

手術の執刀医からは「命を助けることを最優先にしますので、重い後遺症などが残るかも知れない」と言われて覚悟していたのに

 

今は毎日一緒にお散歩へ行ったり、1人で杖もなくトコトコ歩く姿は、執刀医も驚くほど奇跡的なことでした。

 

先生や、皆さんのおかげでここまで回復できたのですが、早期発見、迅速な手術など

 

これこそご先祖様というか仏様、私の祖父 ( 早くに亡くなった母の父 ) に見守られていたとしか思えないような出来事だったと

 

お彼岸の今日、母とぼたもちを食べながらしみじみ思ったのです。

 

 

おわりに

まだ退院したばかりで人の多いところは心配なので..

緊急事態宣言があけて空いた頃に。

 

家族で母と一緒にお墓参りに出かけて、祖父と祖母そしてご先祖様に

お礼を伝えてこようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク