引き寄せの法則や感謝ノートを5年続けてみて|引き寄せの報告

note

スポンサーリンク

引き寄せの法則や感謝ノートを実践してきて私が体験したことを

まとめてお伝えできるようになったので

また、引き寄せのことも書いていきたいと思います。

自分は幸せだと思うけれど
「パート先のこの人だけは苦手」とか..
「なんとなく疲れやすい」
「なんか良いことないかな」
「冷え性だからクーラーの温度がツライな」
「冬は足が冷えて眠れない」

うまくいっているようで、少し不調。みたいな感じがずっと続いていました。

長年、こんな感じが当たり前で過ごしてきましたが、
やっぱり、それは当たり前じゃなかったみたいです。

  • キツかったパートを退職。その方法はこちら
coffee-nete
  • さらにその前の、感謝ノートを1年半そして2年書いた感想はこちら

私のブログでは、始まりの記事がこの感謝ノートの記事(かなり欲深い ^^;
そして今でも一番読んでいただいている記事です。

note

途中からは、薬膳や暦・温活の記事が多くなり

一体このブログは何なのか、自分でも分からなくなっていましたが

ようやく私の引き寄せには

薬膳や、温活が必要だったんだ!とわかりました。

引き寄せの法則や感謝ノートを約5年続けてみて

引き寄せの法則では自分にとって「心地よい気分」でいることだったり
「良い気分」というキーワードが多く聞かれます。

温めることで「心地よさ」を感じるというのは、私にとって大切な引き寄せ要素だったよう。

「冷えている」や、「足が冷たいな」という一見、当たり前になっていた日常が、実は『不快のサイン』で

こう感じている以上、ずっと「ネガティブな気持ちを持っているんだ」と気がついたのです。

冷え以外にも、中医学で言われる病気ではない不調「未病」も同じで..
何となく不調を取り除くために、薬膳の勉強をしてきました。

自分の不調に向き合うと、特別なことをしていなくても、自分を労っているという事実が、気持ちを温めてくれました。
(気持ちよくいられる♪というのはあります。)

「やりたい事はあるのに、やる気が起きない」などももしかしたら、心の疲れはもとより、カラダの不調が隠れているかも知れません。

感謝ノートの真実?

coffee-nete

感謝ノートはとっても効果があるけれど

温活を始めて、冷え性が解消し始めてからは..さらに

どんどん叶う速度が上がりました ^^

自分の体調が良くなっていくにつれて、新しい情報が集まってきて、欲しかった情報、知りたかったことを知るきっかけがあり、次のステップへどんどん進んでいきました。

・感謝ノートを書いて

・日々引き寄せのことを考えて

・自分を労って
私の場合は『温活で温まるという、心地よさを味わう』ことで。

叶わなかったことが、現実に起こり始めました。

おわりに

引き寄せは、不思議なことですが
私はこれを『スピリチュアル的なコト』というより『脳の仕組みと捉える考え方』に近い感覚でいます。

いいことないかな?的な思いを、冷え性(それに伴う月経痛など)が邪魔していたなんて。

びっくりですよね。

普段、1番多く考えていることを脳が引き寄せるとしたら、同じことがずっと続くし、これは必然だったんですね ^^;

物理的に、冷えているカラダを温めていく。

すると自然に、一番多く考えていることが「冷えてツライ」ではなくなる、ということ。

もっと楽しくてHAPPYなことを、考える時間に使える♪

こんな風に変わったことで、いろいろ新しいことに出会えました。これからこの方法を少しずつお伝えできればと思います ^^

スポンサーリンク

ABOUT US
mana
小さいお家で暮らしているmanaです。 幸せな50代目指して、自分自身で実験している悩み多き40代です。 セルフメンテナンスの実験中に出会った、『セルフお灸・薬膳・引き寄せ』に夢中な薬膳コーディネーター。心とカラダの健康のために、ゆくっり暮らすことを心がけています。