二十四節気|寒露の季節

osmanthus fragrans

スポンサーリンク

10月8日からは黄経195度 二十四節気の寒露です。

寒露とは晩秋から初冬にかけて寒さが増し、草木や木の葉の上につく露が、寒さで凍りそうになる頃。

 

寒露の頃には残暑も終わり、日中は過ごしやすい陽気ですが、朝晩は肌寒く感じるようになっていきます。

 

『雁の群れがやってきて、菊の花が咲き、コオロギが戸口で盛んに鳴く声が聞こえる季節』なのだそう。

 

寒露の七十二候

  • 10月8日から初侯は鴻雁来(こうがんきたる)です。

「鴻雁来」とは、ツバメと入れ違いに雁が北から渡って来る頃。

雁は冬を日本で過ごし、春になると北へ帰っていきます。

 

  • 10月13日からは次候の菊花開(きくのはなひらく)です。

「菊花開」とは、菊の花がさく頃。

各地で菊まつりや品評会などが行われます。

菊は古来中国から伝来しました。

 

  • 10月18日からは末候の蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

「蟋蟀在戸」とは、キリギリスやコオロギが戸口でなく頃なのだそう。

 

七十二候とは
1年を24に分割した『二十四節気』のそれぞれを3分割にした暦です。

 

寒露|季節の花

osmanthus fragrans
  • キンモクセイ(金木犀)

モクセイ科モクセイ属

原産地 中国

開花期には、甘い香りが広範囲に漂う。

 

花言葉はたくさんあるようです ^^

謙虚・気高い人・官能美など

 

日本には雄株しかないため結実しないそう。

 

また緑茶やウーロン茶に金木犀の花を混ぜた、花茶の『桂花緑茶』などもあります。

 

おわりに

今年、我が家の近所では..一瞬涼しくなった9月に早いうちに、キンモクセイの香りの時期は終わってしまいました。

 

あれからもう10月になり、朝晩はだいぶ涼しくなりました。

先日出かけた山の夜は、この時期にしてはちょっと、かなり寒かったです^^;

 

こうして暦について学んでいくと、季節の移り変わりを意識するようになりました ^^

私は秋が好きなので、短い季節を楽しみたいと思います。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

ABOUT US
mana
小さいお家で暮らしているmanaです。 幸せな50代目指して、自分自身で実験している悩み多き40代です。 セルフメンテナンスの実験中に出会った、『セルフお灸・薬膳・引き寄せ』に夢中。心とカラダの健康のために、ゆくっり暮らすことを心がけています。/日本漢方薬膳協会 風水薬膳®︎茶アドバイザー/薬膳コーディネーター