穀雨の季節

sakura

スポンサーリンク

4月20日からは、黄経30度 穀雨(こくう)です。

穀雨は「雨生百穀」と言われ、雨が百種の穀物を生じさせる時期とのこと。

 

気温も暖かくなり雨の降る日が増えていきます。穀物には恵の雨。

『菜種梅雨』という言葉も聞きますね。菜の花が咲く時期の雨が続くことをこう呼ぶのだそうです ^^

 

川辺の葦が芽吹き、霜がおりることはなくなり苗が育ち始め、牡丹が咲く季節は春。

 

「穀雨」は二十四節気の春の最後。

この後は5月5日には「立夏」を迎えます。

暦の上では、もう15日ほどで春も終わりなのですね。本当にあっという間です。

 

穀雨の七十二候

  • 初候は4月20日から葭始生(あしはじめてしょうず)

川辺の葦が芽吹き始める頃なのだそう。

 

  • 次候は4月25日から霜止出苗(しもやみてなえいずる)

暖かくなり朝晩の霜が降りなくなり苗がすくすく育つ頃。という意味で

田植えの準備が始まり農家の方々が忙しくなる季節です。

 

  • 末候は4月30日から牡丹華(ぼたんはなさく)

牡丹が咲き始める季節。

 

穀雨の季節の花

季節の花

  • チューリップ
  • レンゲソウ
  • ヤマブキ
  • ヒナゲシ

など。

 

おわりに

神奈川は、ここ数日は雨が続いています。

春雨が降って百穀を潤す頃ということで、この季節らしい天気なのでしょうね ^^

 

毎日部屋干しで..そろそろ、お洗濯の乾きが心配です ^^;

 

 

穀雨の関連記事

 

スポンサーリンク

ABOUT US
mana
小さいお家で暮らしているmanaです。 幸せな50代目指して、自分自身で実験している悩み多き40代です。 セルフメンテナンスの実験中に出会った、『セルフお灸・薬膳・引き寄せ』に夢中な薬膳コーディネーター。心とカラダの健康のために、ゆくっり暮らすことを心がけています。