穀雨の季節

スポンサーリンク




4月20日からは、黄経30度 穀雨(こくう)です。

穀雨は「雨生百穀」と言われ、雨が百種の穀物を生じさせる時期の意味。

 

気温も暖かくなり雨の降る日が増えていきます。穀物には恵の雨。

『菜種梅雨』という言葉も聞きますね。菜の花が咲く時期の雨が続くことをこう呼ぶのだそうです ^^

 

「穀雨」は二十四節気の春の最後。この後は5月5日には「立夏」を迎えます。

暦の上では、もう15日ほどで春も終わりなのですね。本当にあっという間です。

 

初候は「葭始生(あしはじめてしょうず)」で、川辺の葦が芽吹き始める頃なのだそう。

 

穀雨の季節の花

季節の花

  • チューリップ
  • レンゲソウ
  • ヤマブキ
  • ヒナゲシ

など。

そういえば「子供の頃レンゲを編んだ」と話したら、元パート先のお姉さまから「若いのに」と驚かれたことがありました。

 

そして藤といえば..足利フラワーパークの藤がすごくキレイで有名ですね。

現在4月17日から藤の花などが、ライトアップされているそうです。

 

今年も他県の我が家は自粛でいけないですが、一度は行ってみたいです ^^

 

おわりに

今年の春は、慌ただしく過ぎてしまったので、残りわずかですが春の季節を楽しめるといいなぁと思います ^^

 

また、感謝ノートで引き寄せたことなど、増えてきたのでお話しできればと思いつつ ..

最近は、本業の新作の試作品などで try and error ばかりなのですが、そちらで集中していることもあり、ブログの更新がなかなかできずにいます。

 

 

穀雨の関連記事

 

スポンサーリンク