七十二候|鱖魚群(さけのうおむらがる)

tubaki

スポンサーリンク

12月17日からは、七十二候の鱖魚群(さけのうおむらがる)です。

鱖魚群とは、鮭が産卵のために、生まれ故郷の川を遡ってくる頃です。

 

川の上流で生まれた稚魚が、雪解け水と共に海へと下り成熟魚に育ち、産卵のため生まれた川へ戻る季節。

(一般的には鮭の遡上は秋から冬で、川によって差がある)

 

自分の生まれた川へ戻るのは、有名ですね。

鮭が生まれた川へ戻ることを『母川回帰』と言うそう。

 

母川回帰できる理由は諸説あるようですが、まだ多くの謎に包まれているのだそう。

 

七十二候とは
1年を24に分割した『二十四節気』のそれぞれを3分割にした暦です。

 

季節の花

poinsettia
  • ポインンセチア

トウダイグサ科・ユーフォルビア属

原産地 メキシコなど

花言葉 聖夜・幸運を祈る 他

 

赤色の他にピンクや黄色、白色などの品種もあるそう。

 

ポインセチア

ポインセチアが「クリスマスの花」とされるようになった主な由来の1つが、色。

 

クリスマスによく使用される『赤・緑・白』の3色は、クリスマスカラーと呼ばれています。

 

・赤は「キリストの流した血の色」

・緑は「永遠の命や愛」

・白は「純潔」

を表すのだそう。

 

葉が赤と緑、樹液が白だというポインセチアは、まさにクリスマスにぴったりの植物ということですね  ^^

 

関連記事

 

スポンサーリンク

ABOUT US
mana
小さいお家で暮らしているmanaです。 幸せな50代目指して、自分自身で実験している悩み多き40代です。 セルフメンテナンスの実験中に出会った、『セルフお灸・薬膳・引き寄せ』に夢中。心とカラダの健康のために、ゆくっり暮らすことを心がけています。/日本漢方薬膳協会 風水薬膳®︎茶アドバイザー/薬膳コーディネーター