二十四節気|霜降の季節

momiji

スポンサーリンク

10月23からは、黄経210度 二十四節気の霜降です。

霜降とは霜が降り始める頃。

秋が深まり今までより寒さが増すようになります。

「霜が初めて降り、時雨が時折降り、紅葉や蔦が美しく彩られる季節」です。

 

秋、最後の節ですね。

 

霜降の七十二候

  • 初候 霜始降(しもはじめてふる)

霜とは氷の結晶なのだそう。

  • 次候 霎時施(こさめときどきふる)

時雨とは晩秋から初冬にかけて降る小雨のこと。

  • 末候 楓蔦黄(もみじつたきなり)

もみじや蔦が色づく頃。

秋の山が紅葉することを『山粧う』というそう。

 

七十二候とは
1年を24に分割した『二十四節気』のそれぞれを3分割にした暦です。

 

季節の果物・木の実

性質は涼性 肺・胃に帰経する。

 

肺を潤す働きがあり、喉の乾燥や空咳、痰、喉の炎症などを和らげてくれる。

熱を下げる働きもあるそう。

 

冷え性の人はコンポートなど、煮て食べるのがオススメ。

カリウムが豊富。

 

性質は温性 脾・胃・腎に帰経する。

 

栄養の吸収を促し、血のめぐりをよくしてカラダを元気にしてくれるそう。

渋皮にはタンニンが含まれ抗酸化作用の効果が期待できる。

 

栗ご飯にすると、お米にも脾の働きを助ける作用があり相乗効果があるのだそう。

 

おわりに

osmanthus fragrans

きのうの帰り道、ほんのりキンモクセイの香りを見つけました。

今年はもう、季節がすぎたと思っていたので、得した気分でした ^^

 

キンモクセイの木を見ると、少しだけ咲いていました。

ほかの花より咲くのが遅れてしまったのかな?と考えながら帰ってきました ^^

 

ここのところ、秋を通りこしたような寒さもありますね。

体調に気をつけて過ごしたいところです。

 

 

 

関連記事

 

スポンサーリンク