二十四節気|処暑の季節

hikari

スポンサーリンク

8月23日からは二十四節気の『処暑(しょしょ)』です。

「処」は落ち着くという意味があり、処暑は暑さが落ち着き始めるころです。

まだまだ残暑が厳しいですが、朝夕には涼しい日が増えてきて、虫の声などが聞こえてきます。

残暑は『立秋から秋分までの間の暑さ』のことを言うそう。

 

処暑は『綿の実がはじけて白い綿が顔出し、暑さは和らぎ、禾(稲や麦など)が収穫の時期を迎える季節』です。

 

処暑の七十二候

cottonflower
  • 七十二候の初候は 綿柎開(わたのはなしべひらく)です。

綿柎開は綿を包む柎が、開き始めるころ。

「柎」とは花のがくのことなのだそう。

柎が開き始めると、ふわふわとした綿毛が飛び出してくる。これをほぐして綿の糸を紡ぎます。

 

  • 8月28日からは次候の天地始粛(てんちはじめてさむし)です。

天地始粛(てんちはじめてさむし)とは、ようやく暑さが収まり始めるころ。

秋雨前線が現れるころ。冷たい空気とともに秋を運んできます。

まだ日中は暑く、気温差が大きくなるので、体調を崩さないよう注意が必要です。

 

  • 9月2日からは末候の禾乃登(こくものすなわちみのる)です。

「禾」とは稲や麦などの穀物のことです。

禾乃登とは、田んぼに稲がみのり稲穂が色づいてくるころなのだそう。

 

処暑の季節の果物

  • イチジク

性質は平性 肺・胃・大腸に帰経する。

食物繊維が豊富で整腸作用があり、お通じによいのは有名ですね ^^

カラダを潤す性質があるので肌が乾燥しやすかったり、口が渇きやすい方によいそう。

また、声枯れや空咳にも効果的なのだそう。

 

  • ぶどう

性質は平性 脾・肺・腎に帰経する。

気と血を養う性質がある。

水分の代謝を促す働きがあるそう。

喉の渇きを潤す。またむくみなどの改善に役立ちます。

成分の「ぶどう糖」は疲労回復にも有効なのだそう。

 

おわりに

処暑ということで、日々過ごす間に午後や夕方は、ほんの少し涼しさも感じるようになりました。

外に出ると、残暑で汗だくなのは変わりないですが ^^;

それでもまた少しづつ、季節が進んでいきますね。

まだ残暑は続きますので、コロナ同様熱中症には、引き続き注意していきたいところです。

 

 

関連記事

 

スポンサーリンク