秋分の季節

ohagi

スポンサーリンク

9月23日は秋分の日です。

9月23日からは黄経180度 秋分

秋分は二十四節気の1つで秋の中間の日です。

 

秋分の日は、昼と夜の長さが同じです。

春分の日と同じように昼と夜の長さが同じですが、平均気温は東京で10度以上の差があるそうです。

雷が収まり、虫が土にもぐって見なくなり、田んぼから水を抜き稲刈りをする季節なのだそう。

 

秋分の七十二候

  • 初候は9月23日から「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」です。

夏の雷が収まり夕立の回数も減ってくる頃なのだそう。

残暑も落ち着き秋の季節がすすみます。

 

  • 次候は9月28日から「蟄虫培戸(むしかくれてとをふさぐ)」です。
  • 末候は10月3日から『水始涸(みずはじめてかれる)』です。

 

七十二候とは
1年を24に分割した『二十四節気』のそれぞれを3分割にした暦です。

 

秋のお彼岸

秋分の日を中日にして前後3日間。

彼岸入りは9月20日~彼岸明けは9月26日です。

秋のお彼岸には『おはぎ』を春のお彼岸には『ぼた餅』をでしたね。

 

季節の花

  • 彼岸花(曼珠沙華)

ヒガンバナには、独特の美しさがありますね。

 

・ヒガンバナ科リコリス属

・球根植物の多年草

・中国から渡来したもの

・リコリスもヒガンバナの一種。

白色などもあるそう、黄色の花もキレイ ^^

 

おわりに

雷雲からかわって、いわし雲などがみられる頃ですね。

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、残暑も落ち着くといいですね。

 

朝夕は涼しくなりましたが、お昼まはまだ残暑。暑いですね..。

気温差に注意したいところです ^^

 

 

関連記事

 

スポンサーリンク