七十二候|橘始黄(たちばなはじめてきばむ)と季節の野菜カリフラワー

cauliflower

スポンサーリンク

12月2日からは、七十二候の橘始黄(たちばなはじめてきなり)です。

 

橘始黄とは、橘の実が黄色く色づく季節です。

たちばなは日本古来の柑橘類です。

 

常緑樹のため、生命力や長寿のシンボルで文化勲章に象られているそう。

 

季節の野菜|カリフラワー

カリフラワーはビタミンCが豊富。

 

アントシアニンの含まれる紫カリフラワーや、βカロテンが白色のカリフラワーより多く含まれるオレンジカリフラワーなどもあるのだそう。

 

オレンジ色のカリフラワーはスーパーでも見かけますが、紫のものはまだ見たことがありません。

 

アントシアニンは、白色のカリフラワーには含まれない栄養素ということなので、今度出会ったら、買ってみようかな。と思います ^^

 

カリフラワーの性質・効能

薬膳学的にカリフラワーの性質は平性 腎・脾・胃に帰経する。

・胃の働きをよくしてくれ、脾を補う。

・虚弱体質や疲れやすい人にも○

・脳の働きにもよいとされているそう。

 

カリフラワーの蒸し焼き

カリフラワーは傷みやすい野菜なので買ってきたらすぐに調理します。

 

我が家ではカリフラワーやカリフローレではよく蒸し焼きにします。

  • カリフラワー
  • オリーブオイル 適量
  • 水 50cc程度
  • 塩 少々

お鍋に全て入れ、蒸し焼きに。

 

これだけで、出来たては最高に美味しいのですが、冷めてもサラダやパスタにトッピングしたり、色々使えて便利です ^^

 

クリームシチューなどに使うときはそのまま使いますが、決まったメニューの予定がないときはこの方法で、2日ほどで食べきるようにしています。

 

この方法で水分量を変えれば、他の野菜にも応用できて便利です。

ブロッコリーや、にんじん、モロッコインゲン、スナップえんどうなどでもよく使います。

茹でるより楽なのがいいトコロ ^^

 

おわりに

寒い季節に美味しい野菜のひとつ、カリフラワー。

 

薬膳の勉強を始めてから、色々な野菜の性質などを自分の勉強・復習のためにブログに書きながら、集めています。

 

自分でまとめると、教科書や資料で毎回読むより、理解が進む気がします。(薬膳学は漢字が多いので ^^;)

 

いくつ溜まったかな?と調べて見たら22記事でした ^^

 

関連記事

食材の記事はこちらから

 

季節ごとに、旬のものを食べる・いただくというのは栄養も豊富で、美味しくて、さらにたくさん取れる時期はお値段もお安い!

ということで、一石何鳥もの嬉しいが詰まっていますね。

 

積極的に旬のものを食べていきたいものです。

 

 

関連記事

 

スポンサーリンク