冬至の季節|二十四節気

yuzu

スポンサーリンク

12月22日は黄経270度 二十四節気の冬至です。

 

冬至は、北半球では1年で昼が最も短く夜が長い日です。

冬至の頃には北に行くほど昼が短くなるそう。

 

うつぼ草の芽が出てきて、大鹿のツノが落ち生え変わり、雪の下から麦の芽が出てくる季節です。

 

冬至にはゆず湯に入ることや、「ん」のつく野菜をたべるこがよいと言い、代表的なのは..なんきん(かぼちゃ)を食べる。などの風習がありますね。

 

ゆず湯には、血行をよくしたりカラダを温める効果があることでも知られ、かぼちゃは栄養豊富で温める性質なので、冬に食べたい美味しい食材です。

 

冬至の七十二候

  • 12月22日からは初候乃東生(なつかれくさしょうず)です。

乃東生とは、夏になると枯れてしまう、うつぼ草の芽がでる頃。

うつぼ草の花穂は生薬として利用されてきたそう。

 

 

七十二候とは
1年を24に分割した『二十四節気』のそれぞれを3分割にした暦です。

 

ゆず湯の入れ方

ゆず湯の始まりは、江戸時代と言われています。

 

ゆずの皮に含まれる、リモネンなどの香り成分によるリラックス効果の他、抗菌・消炎や毛細血管を拡張して、血行を促進してくれる効果も期待できるそう。

 

ゆず湯の入れ方

ゆずをよく洗って、お風呂に浮かべるだけでOK!2~3個でも○。

もう少し香りが欲しい時は、浅い切れ込みを入れるか、フォークなどで穴を開けても。

 

絞ったり実を出して入れると、場合によっては刺激が強くなりすぎることがあるので注意しましょう。

 

季節の野菜・果実

  • かぼちゃ

性質は温性

腹部を温める効果

疲労感の回復や整腸作用など。

 

ベータカロテンやビタミンが豊富、抗酸化作用などにより、カゼ予防や美肌によいとされています。

yuzu
  • ゆず

性質は寒性

気を巡らせる効果

二日酔いや、咳止めにも○。

ゆずはカラダを冷やすので、生姜と合わせたゆず茶などにするとよいそう。

 

おわりに

ゆずや柑橘の香りが好きです ^^

とってもいい香りで、リラックス効果あるのはうなずけます。

 

さて、暦は冬至をむかえました。

冬至は陰と陽が入れ替わる、運気の替わり目です。明日からは少しずつ陽がのびて行きますね。

 

節目の今日、今年をふり返り..古いものを捨て、新しい運♪を迎える準備をすることにします ^^

 

 

関連記事

二十四節気|大雪の季節

 

スポンサーリンク

ABOUT US
mana
小さいお家で暮らしているmanaです。 幸せな50代目指して、自分自身で実験している悩み多き40代です。 セルフメンテナンスの実験中に出会った、『セルフお灸・薬膳・引き寄せ』に夢中。心とカラダの健康のために、ゆくっり暮らすことを心がけています。/日本漢方薬膳協会 風水薬膳®︎茶アドバイザー/薬膳コーディネーター