ヨーグルティアSで作った自家製ヨーグルトは酸っぱくなかった

kamomail

スポンサーリンク




インフルエンザ予防に

R1ヨーグルトが良いよって聞いて

夫のすすめでヨーグルトメーカーの

『ヨーグルティアS』を買いました。

酸っぱいヨーグルトは苦手なので

お家で作るヨーグルトが

酸っぱくなかったことに感激しました。

 

ヨーグルティアS

 

 

ヨーグルティアSは1リットルのヨーグルトや

甘酒・みそ・納豆・コンフィなどなどがいろいろ

作れちゃうタニカのヨーグルトメーカー。

 

タニカは日本で初めてヨーグルトメーカーを作った老舗です。

25℃〜70℃まで1℃単位で調節できるので、

いろいろな種菌にぴったりな環境が作れます ^^

 

ヨーグルトを作る前のガラスの容器の消毒は

電子レンジでカンタンにできちゃうから清潔!

ズボラな私にもできました。

我が家は白色です。

 

 

作り方

説明書の通りだと

ヨーグルト100g程度

牛乳900〜1000ml程度

温度と時間が

40℃で6〜7時間となっています。

 

大体でも作れた!簡単なのもポイントでした。

 

失敗例

ヨーグルトが固まらなかった→

消毒後熱々のガラス容器にヨーグルトを

牛乳より先に入れてしまった。

牛乳を先に少し入れてヨーグルトを

溶かしますが、手順を間違えてしまい

菌が減ったか死滅してしまったのかも

知れません。

 

いつもより酸っぱくなってしまった→

これは好みの問題で食べられないほどではなかった

けれどヨーグルト完成後少し冷ましてから

冷蔵庫に入れているのですが

うっかり忘れてしまい

発酵が進んでしまったもよう。

 

説明書によると『発酵温度と時間が短い方が』

酸っぱさが少ないヨーグトになるようです。

基本的な温度と時間で作っても酸っぱくならなかったので

私は温度も時間も変えずに作っています。

 

ヨーグルト以外にもいろいろできました

作ったヨーグルトを使ってカッテージチーズを作りました。

ヨーグルトにお酢かレモン汁を入れて加熱し濾して絞れば出来上がりです。

*分量*

ヨーグルト200gくらい

お酢またはレモン汁大さじ1弱

大体で作りました。

ちゃんとした「発酵食レシピ」が

ついてきたのできちんとしたレシピも

知ることができますよ。

 

ヨーグルティアSではヨーグルト以外にも

色々作れます

さっそく温泉卵を作りました。

専用のたまごポット(別売り)なしで

4つ一度に作れました。

スイッチを入れたら放置なのでお鍋で作る

より楽チンでした。

 

まとめ

夫のすすめで購入しましたが

色々な使い道がありたくさんできたヨーグルトで

レパートリーも増やせるし何より

毎日ヨーグルトを食べられるので

発酵食品を取り入れられて気軽に菌活が

できました。

 

R1ヨーグルトは酸っぱくないので

酸っぱいヨーグルトが苦手な私にぴったりでした。

 

乾燥麹を買ってきたので

今まで酒屋さんで買っていた甘酒や

まだ試したことのない塩麹や

醤油麹も作ってみたいです。

 

 

 

牛乳パックでそのまま作るなら、レビューも高評価!おしゃれなこちらも

スポンサーリンク




ABOUT US

mana
小さいお家で暮らしているmanaです。 日々幸せになるため、自分自身で実験している悩み多き40代です。 心とカラダの健康のために、ゆくっり暮らすことを心がけています。 セルフメンテナンスのすすめ 薬膳コーディネーター